FXで10万円を100万円にする日記

FX取引は、通貨によって取引方法や利益を得る戦略が異なります。

FX取引においては、投資対象が通貨となる為、ある意味で国に対して投資をしていることになります。
その国の経済が堅調であれば、その通貨が買われることになり、その逆であれば売られるのが原則です。
ただ、通貨同士の取引になるので、一国だけの問題ではなく世界経済の状況が大きく影響するものです。
以上を前提として、どのような取引方法で利益を得ていくのか考えることになります。
まずは、取引方法です。
デイトレードなのか、一か月単位、三か月単位で利益を創出しようと考えるのかで、ターゲットとなる通貨も異なってきます。
デイトレードの場合には、1日の変動範囲において利益を創出しなければなりません。
重要な経済指標の発表のある日は別として、多くの場合は1日の変動範囲は大きくありません。
その為、一通貨の買値と売値の差である「スプレッド」が小さい通貨を選択する必要があります。
また、デイトレードの場合には、売買をしている最中は通貨の変動から目を離すと危険なので、常に変動を確認できる環境にいなければなりません。

 

一か月単位で利益を創出しようとする場合には、一か月の経済指標のイベントに注目しなければなりません。
そのイベントサイクルの中で、通貨が買いまた売りに偏る日に注文して、それぞれの売買を行うことになります。
また、一か月単位で利益を創出する場合には、売買差益だけでなくスワップ金利も重要になります。
仮に一か月のサイクルの中で利益を生むことができず、ロングポジションで保有し続けることになった場合、スワップ金利の高い通貨であれば保有だけで、一定の利益を創出することが出来る為です。
どのように利益を狙うかは、人それぞれなので自分にあった戦略を練ることをおススメします。

 

MT4のEA比較検証ブログ「エアログ」 → MT4業者

今年はSell in Mayは、起きるのだろうか?2013.5.23の午後の下げは凄かったけれど、前日に兆候はあった。
23日の午前中も違和感のある相場が続いた。何で上がるんだろう?と思っていた後の、急落。待っていて良かった。だから、しっかり売りから入れた。今年はどうなんだろうか?ゴールデンウィークの円高アノマリーもいまいちだったし。まぁ、下でも上でもいいから、動いてほしい。いいかげんレンジからしっかりと抜けてきってほしい。トレンドの出ない相場は、細目に見ていないといけないし、すぐ利食いを入れないといけないし、結構面倒。でも、どちらかと言えば、下に行ってほしい。やはり、上に行くよりも、下に行く方がスピード感があって楽しい。未だにドル円の月足は、長期的に見れば下降トレンドは続いているし、なかなかトレンドラインを上にブレイクしない。でも、下がっていっても101円20銭~30銭では、大きい力が働いてまた上がってしまう。下も100円台になかなか入らない。ドル円が底から脱して、ほぼ2年。もうそろそろ上は終わってしまったのではないだろうか?やはり何かをきっかけに今年も下に走るのではないだろうか?その時に備えて、今年もやっぱり、待つことにしよう。Sell in Mayは今年もあると信じて。
それに輸入物価やガソリン・燃料の面を考えても95円~100円ぐらいが、日本にとってもアメリカにとっても居心地が良いのでなかろうか?105円、108円になったら、石油やガス代が上がって大変なことになる。アメリカも黙っていないのでは?

続きを読む≫ 2014/05/12 14:41:12

みなさんはFX取引を行ったことはあるでしょうか。
今やメディアでも多数紹介されるようになり、株式よりも早く設けることができる投資ツールとして注目を集めているFXでありますが、実際に安定して資産を増やしていくことは、かなり難しいものがあります。
取引をしている方のうち、8~9割の方は業者のカモにされており、本当にごく少数派の人がおいしい思いをしているというのがFXの実情です。

 

では、どうしてこのように勝つのが難しいかと言いますと、予想ができないものであるからです。
安定して資産を増やしている人は、別に予知能力者であるわけではなく、見た目も頭脳も私たちと変わりありません。
多くの方と比べて異なるのは、時分で定めたルールに忠実に従い、どんな時も自分を見失わずに冷静に取引ができることです。
文章で言うのは簡単ですが、実践するのはとても難しいことであります。

 

ここでは予想が外れて損切りを余儀なくされている状況にあると仮定します。
ここで勝つ人は、迷うことなく損切りをして、次の注文に備えます。負ける方は、まだ反転するかもしれないと自分に言い聞かせて、損切りをしません。往生際が悪いだけでなく、大概の場合はこのままずるずると損失額を増やしてしまうのです。そして、どうしようもないくらいに損失額を増やしてしまい、FX市場からの退場を余儀なくされるのです。

 

このようにFXで納得のいく成果を残すのに必要なことは、潔さです。FXに限らず、潔い人は気持ちの良いものです。反対にクヨクヨしている人はあまり話もしたくありません。だから、FXの神様も近寄りたくないから、勝ちを与えないのです。
みなさんが潔いトレーダーになって、幸せになってくれることを切に願います。

続きを読む≫ 2014/05/12 14:40:12