サラ金の金利はかなりお得な時代に

サラ金の金利はかなりお得な時代に

今はサラ金という呼び名は使われなくなり、消費者金融と呼ぶのが一般的です。ただし街金などの小さな業者に対しては、現在でもサラ金と呼ばれることがあります。現在はお金を借りるのに有利な時代と言われますが、それは金利が大幅に引き下げられたからです。かつては出資法の上限の29.2%まで認められており、20%を大きく超える金利は当たり前にあったのです。現在は20.0%以内にするように貸金業法で定められています。サラ金の金利が大幅に下がった理由は、グレーゾーン金利の廃止があります。かつてはグレーゾーンが認められており、利息制限法を超えた利率での融資が可能でした。利息制限法の上限は20.0%であり、出資法は29.2%となっていました。20.0%を超えると無効とされていましたが、違法になるわけではありません。

29.2%までは黙認されていたため、高い利息で貸し出すサラ金が数多く存在したわけです。現在の消費者金融はほとんどが18.0%以下で貸出しているので、以前とは比較にならないほど借りやすいです。たった数%の違いと考える方もいるかもしれませんが、金利が3分の2になることは非常に大きな意味を持っています。利息という手数料が3分の2になるわけですから、将来的に支払いする総利息として考えると大変な差となるでしょう。誰しも利息は1円でも減らしたいと考えているので、無理をしないためにも少しでも低金利で借りるべきでしょう。現在でも街金は大手より高い利率で貸出しているところがあり、20.0%という利率も見られています。これを超えた利率になると違法になってしまうので、実店舗を有している業者は必ず20.0%以内としています。もしこの利率を超えて貸出している業者があれば、それは健全とは言えません。悪徳業者は数百%で融資しているところもありますが、WEBサイトやダイレクトメールなどで宣伝するときは低利率を謳っていることが多いので注意してください。

コメントは受け付けていません。