サラ金とは消費者金融とは異なる非合法の貸金業者

サラ金とは消費者金融とは異なる非合法の貸金業者

サラ金とは、消費者金融とは異なる非合法の貸金業者のことを意味します。サラ金と消費者金融の違いは、順守している法律的な枠組みから完全に異なることが証明されていますので、誤解をしないように注意をしなくてはいけません。元々、サラ金業者が誕生した経緯からしてその合法性はそれほどありませんでした。昔は、現代社会とは異なって景気の良い時代が続いたこともあり、個人の消費者に対して小さな融資を提供してくれる業者が存在しませんでした。銀行の融資の金額は非常に大きいですが、これは大きな融資を提供してそこに利息を設定することによって、銀行側の取り分が大きくなるからです。そのため、商売として個人の消費者に対して融資を提供するメリットが銀行側に存在しなかったという事情があります。一方で、そうなると困るのはお金を借りたい普通のサラリーマンです。

買い物程度でも良いので少額融資を借りたいと考えているサラリーマンは、銀行以外の別の手段でお金を借りる手段を考えなくてはいけません。そこで登場したのが、サラリーマンでもお金を借りることが可能な金融業者、略してサラ金だったのです。つまり、元々サラ金業者というのは大手の企業や事業主を対象としていたわけではなく、個人のサラリーマンを対象として融資を提供していました。ところが、サラ金の問題点は融資の金額に反して非合法な利息を設定することでした。普通の人ならば返済することができないほどの高い利息を設定されることになりましたので、実際にそうした業者を利用していた人はそうしたサラ金業者から逃れる手を考えて、ついには社会問題にもなりました。こうした経験から行政が動いて、消費者に対して少額の融資を実施する際には、きちんと法律に基づいて融資を実施するように新しい法律の枠組みを考えたわけです。そうして後年に誕生したのが現在の消費者金融であり、消費者金融は貸金業法という立派な法律によって合法的に成り立っています。(サラ金と闇金の違いについて

コメントは受け付けていません。